普段何気なく使っているクレジットカードのお金の流れを学びましょう。

固定費を見直す
固定費を見直す
NAVIGATION

クレジットカードを知る

普段何気なくしているクレジットカードについて学びましょう。
クレジットカードの仕組みをきちんと理解していますか。
クレジットカードは出せば何でも手に入る魔法のカードというわけではありません。
買い物をする際、現金の代わりにクレジットカードを渡します。
店舗の読み取り機器を通して、クレジットカード会社へ連絡が行き、カード情報を照会します。
照会内容は有効なクレジットカードであるか、支払いが可能であるか、利用可能金額をオーバーしていないかなどのいわゆる信用情報です。
照会した情報に問題がなければ、店舗側で決済の手続きをします。
この際、一定金額以上の支払いの場合、利用者のサインが必要となります。
このサインは、クレジットカードの持ち主が買い物をしましたという証明となります。
では、この際のお金の流れはどのようになっているのでしょうか。
決済をした段階で店舗からクレジットカード会社へ請求が起こります。
請求を受けたクレジットカード会社は店舗へ支払いを行います。
この時点で、買った品物はクレジットカードの持ち主であるあなたの手元にあります。
つまり、この時点では、この品物の代金をクレジットカード会社が立て替えている状態です。
その後、クレジットカード会社の定める締め日に沿って、その月の利用金額を算出し、決められた日付に事前に登録してある銀行口座から利用した分のお金が引き落とされます。
たいていの場合、利用日から引き落とし日まで1〜2カ月かかるため、家計簿と等を使ってしっかりと利用状況を把握しましょう。

金融でも話題のお金について、役立つこのホームページがおすすめですよ。。

Copyright (C)2017固定費を見直す.All rights reserved.