自家用車にかかる費用を見直すことで毎月の支出を減らしましょう。

固定費を見直す
固定費を見直す
NAVIGATION

自家用車に関する費用を見直す

自家用車を利用していると意外とお金がかかるものです。
車自体の購入費はもちろん、保険料、車庫証明書、車検代、ガソリン代、高速道路利用料金、洗車代など様々なお金がかかります。
ひとつひとつの金額はあまり大きくないため、見逃してしまいがちな出費ですが、一年間の出費を合計すると、ちりも積もれば大きな出費となります。
自家用車にかかるランニングコストを見直してみましょう。
まずは、購入に当たる出費です。
自動車を購入する際にはローンを利用する方が多いかと思います。
購入にあたってローンを比較検討することで、毎月の支払いを軽減しましょう。
次に、自動車を購入する際に必要となる車庫証明書です。
車庫証明書は正式には自動車保管場所証明書というもので、自動車を購入する際には必ず必要になる書類です。
たいていの場合、カーディーラーなどに依頼し、書類を作成してもらいますが、この場合、書類作成費用として2万円程度の費用がかかります。
これを、自分で作成・提出した場合、3千円程度で済みます。
次に常時必ずかかるガソリン代や高速道路利用料金です。
ガソリンスタンドでは多くのチェーン店で共通のポイントカードを発行しています。
ポイントカードをしっかり利用して得をしましょう。
高速道路利用料金は、ETCカードを利用することで割引を受けることができます。
ETCカードを利用すると料金の支払いが自動で行われますので時間短縮にもつながりますのでおススメです。
Copyright (C)2017固定費を見直す.All rights reserved.