万一のための生命保険について大まかな知識を付け自分に合った保険を選びましょう。

固定費を見直す
固定費を見直す
NAVIGATION

保険について考える

生命保険は大切な万一の備えです。
事故や病気など不測の事態が起こったときに一番必要になるのは何と言ってもお金です。
怪我や病気を治療するための費用はもちろんですが、治療のために働けなくなった場合の生活費についても考えておく必要があります。
今はまだ若いから大丈夫と思っている方も多いと思いますが、若くても病気にかかることもありますし、事故に遭う可能性もありますので、この機会に一度考えておくことをおススメします。
保険は毎月決まった掛け金をかけることで、万一の際に保険金という形でお金が支払われます。
保険には大きく分けて掛捨て型と貯蓄型の2種類があります。
掛捨て型は、毎月の支払額は小額で万一の場合の支払い額が比較的大きいものが多く見られます。
対して、貯蓄型は、毎月の掛け金が少し大きい場合が多く、万一の場合に支払われる金額はあまり大きくない場合が多く見られます。
ただし、貯蓄型の場合、満期を迎えた際に満期保険金を受け取ることができます。
満期保険金を受け取ることを前提に作られているプランのため、掛捨て型に比べ支払う額が大きくなるということです。
掛捨て型、貯蓄型、それぞれにメリット・デメリットがありますので、比較検討をしつつ、いくつかの保険を組み合わせて自分に合った保険に加入することをおススメします。
支払った保険料に関しては、年末調整や確定申告で税金の控除を受けることができますので忘れずに申請しましょう。

金融でも話題のお金について、役立つこのホームページがおすすめですよ。。

  • 外貨FXで無料デモ口座が作れるのはこちら。
Copyright (C)2017固定費を見直す.All rights reserved.