副業を行う場合に必要となる簡単な税金の知識を身につけましょう。

固定費を見直す
固定費を見直す
NAVIGATION

副業に関する税金を理解する

収入を増やすために副業をしてみたいと思ったことはありませんか。
メインとなる職業とは別に、お小遣い程度のお金を得たいという場合や、本業を続けつつ、ずっと興味のあった仕事をしてみて、軌道に乗るようならばジョブチェンジをしたいという場合など、様々な理由で副業を検討している人は意外と多いものです。
では、副業を始めた場合、お金の管理や申告はどうしたら良いのか考えてみましょう。
個人として何らかの業務を請け負った場合、支払われる報酬のトータルから10.21%が源泉所得税+復興特別所得税としてあらかじめ差し引かれ、残りの金額が支払われます。
この差し引かれた税金は、確定申告を行うことによって何割かが還付されます。
一般的に副業と言われているものの中には、業務を請け負って報酬を得るものだけでなく、ネットストアなどでの販売から得る収入などもあります。
このように販売等で得る収入である場合、確定申告をする手間を省ける場合があります。
副業で収入を得た際、必ず確定申告が必要になるというわけではありません。
副業で得た収入が20万円以下の場合、この収入は非課税所得とされるため確定申告をしなくてもかまわないのです。
ただし、確定申告を行わない場合、請負業務などのように報酬の総額から、あらかじめ差し引かれた源泉所得税と復興特別所得税の還付を受けることはできませんので注意が必要です。
非課税所得の上限を理解しておくことで、より手軽に副業を行うことができます。
Copyright (C)2017固定費を見直す.All rights reserved.